アサヒグルコサミンが人気の秘密|体によいとされる栄養素で体元気

血流をよくする脂肪酸

サプリメント

細胞への栄養補給

DHAとはオメガ3系の脂肪酸の一種で、これには血管内に付着した脂肪を回収しながら流れていく性質があります。つまりDHAを摂取すれば、それだけ血管内の脂肪は減っていくわけです。血管は脂肪によって狭められるので、その脂肪が少なくなれば、血管内は広くなります。すると血液がスムーズに流れるようになり、その血流によって全身の細胞に栄養分がしっかりと届けられるようになるのです。特に脳細胞への栄養補給が効率良くおこなわれるので、摂取することで、思考力や記憶力の向上効果が期待できるようになります。そのため頭をよくするために小さいうちから摂取する人もいますし、認知症を予防するために高齢になってから飲む人も多くいます。

青魚またはサプリメントで

DHAは、青魚を食べたりサプリメントを飲んだりすることで摂取できます。青魚から摂取する場合は、イワシなどサイズの小さなものだと1日に2尾、アジやサンマなどの場合は1日に1尾食べることが必要です。ただしDHAは加熱すると溶けるので、これらの青魚を煮たり焼いたりすると、2〜5割のDHAが流れ出てしまいます。そのため生で食べたり、加熱して食べる場合は量を多めにしたりする工夫が大事です。サプリメントの場合は、多くの種類のものが販売されていて、それによって摂取量は異なっています。しかし、1日1粒ではなく3〜4粒ほどが目安となっていることが多いです。そのため一度に飲むのではなく、数時間おきに飲むことができます。こまめに体に与えることで、効果はより出やすくなるのです。